/

この記事は会員限定です

ドルの優位性、当面は揺るがず 「強いドル」いつまで

メンジー・チン ウィスコンシン大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○対ロ制裁でドルの特権的地位浮き彫りに
○外貨準備のドル依存下げは現実的に困難
○人民元は将来もグローバル通貨になれず

世界の主要通貨としてのドルの役割を巡っては、他の通貨が台頭してドル覇権を揺るがすのではないかという議論がおよそ10年ごとに蒸し返される。

1970年代以降にその可能性があったのは日本円とドイツマルクだった。やがて欧州経済通貨同盟(EMU)が発足しユーロが名乗りを上げる。そして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン