/

この記事は会員限定です

デジタル貿易ルール、焦点に アジアの経済覇権争い

川島富士雄・神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○アジア太平洋がデジタル貿易の主戦場に
○米中がルールへの影響力狙い主導権争い
○日本は国益考えルール形成に積極関与を

アジア太平洋地域におけるデジタル貿易のルール形成を巡り、米中間の主導権争いの動きが激しい。

2021年9月と11月、中国が先進的な電子商取引章を有する環太平洋経済連携協定(TPP)とデジタル経済パートナーシップ協定(DEPA)への加盟を相次いで申請した。一方、米国は10月、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン