/

この記事は会員限定です

金融支援返済へ収益力改善 危機からの出口に何が必要か

植杉威一郎・一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○支援措置は中小の流動性危機回避に効果
○業績回復通じた返済可能性の改善限定的
○政府が金融機関に求める支援には節度を

2020年以降のコロナ禍の下では、中小企業に対してかつてない規模の貸し出し面からの支援措置が講じられた。実質無利子・無担保のいわゆるゼロゼロ融資が、民間金融機関と政府系金融機関により提供された。同時に持続化給付金、家賃支援給付金、雇用調整助成金などの補助金・給付金による支援措...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2639文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません