/

この記事は会員限定です

遠藤航、守田、田中…ボランチ充実の日本代表

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

1年4カ月ぶりに日本国内で行われたサッカー日本代表戦でボランチとして起用された選手が輝いた。3-0という会心の勝利を収めた韓国戦(3月25日、日産スタジアム)、14得点という無慈悲なまでの大勝を飾ったモンゴル戦(同30日、フクダ電子アリーナ)とも遠藤航(28、シュツットガルト)と守田英正(25、サンタクララ)のコンビが先発し、勝利の原動力となった。

その仕事ぶりはポジションを争う他のMFも感心させ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2404文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン