/

この記事は会員限定です

男女差鮮明な人口移動 「女性流出ストップ」地方動く

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

総務省が8月発表した人口動態調査(2021年1月1日時点)によると、東京、関西、名古屋の三大都市圏の総人口が前年比で減少しました。13年の調査開始以来初です。新型コロナウイルスの感染拡大で、テレワーク移住が拡大した影響とみられます。人口減に苦慮する地方にとっては朗報に思えますが、楽観はできないようです。

地方にとどまる男性が増える一方で、女性の都市志向には変化がないからです。男女比の不均衡は未婚化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン