/

この記事は会員限定です

多店舗展開、知識移転が重要

若林直樹・京大教授

[有料会員限定]
ポイント
○複数拠点を持つ組織には独自の経営課題
○本社と店舗間の連携の仕組みの高度化も
○損失削減にとらわれず生産性向上重視へ

コロナ禍で企業が需要急減に対応し、損失を軽減するために店舗や事業所の大幅な削減を進めるところも多い。総務省の「経済センサス」などによれば、2016年に大手企業は1社当たり平均39.7事業所を抱えている。小売業、飲食業はより多くの店舗を展開しており(図1参照)、例えば外食大手は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン