/

この記事は会員限定です

「ナッジ」の政策活用(2) 「初期設定」変更の有効性

大阪大学特任准教授 佐々木周作

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種では、新潟県上越市などが選挙で指定された投票所に行くような「投票所方式」を採用しました。集団接種の日時と会場を事前に指定することで、接種が円滑に進みました。

インフルエンザワクチン接種でも、海外で同様の研究結果が報告されています。複数の日程を知らせ自主的な予約を呼びかける従来方式より、日時を仮決めし、指定した日時での接種を呼びかける方式のほうが、接種率が高まります...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン