/

この記事は会員限定です

[社説]憲法の中身の検討を進めたい

[有料会員限定]

憲法改正に必要な手続きを定めた国民投票法改正案が今国会で成立する運びになった。これを機に、改憲か護憲かという二者択一の形式論に陥りがちだった憲法論議を活性化させ、中身の検討を充実させるべきだ。国会論戦と並行して、国民の関心を喚起するにはどうすればよいかも重要である。

改正案は、地域をまたいだ共通投票所の設置許可などが柱だ。ふつうの選挙では導入済みで、憲法改正にも適用するのは当然だ。

テレビなどのC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン