/

この記事は会員限定です

脱炭素のエネルギー転換(1) 化石燃料脱却を急ぐ世界

京都大学准教授 森晶寿

[有料会員限定]

気候変動の国際的枠組み「パリ協定」や、その後の交渉・サミットを経て、多くの国が2050年以降に温暖化ガス排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を宣言しました。

日本政府も50年のカーボンニュートラルを宣言し、エネルギー基本計画で風力・太陽光・バイオマスなどの再生可能エネルギー由来電源の主力電源化を目標に掲げました。経済と環境の好循環をもたらす産業政策としてグリーン成長戦略も策定しました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン