/

この記事は会員限定です

グローバルな人材交流、必須 コロナ危機と技術革新

カール・フレイ オックスフォード大学フェロー

[有料会員限定]
ポイント
○AIによる生産性大幅向上は当面期待薄
○汎用技術となるには一層の技術革新必要
○コロナはイノベーション創出にマイナス

歴史家のT・S・アシュトンが「1760年ごろに新奇な機械が次々に登場して英国中に広がった」と述べたことは有名だ。アークライトの水力紡績機とワットの分離コンデンサー方式の蒸気機関は、産業革命を決定づける発明となった。

その後に続くイノベーション(技術革新)は、人類を現代の繁栄へと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン