/

この記事は会員限定です

日銀会合、委員「棄権」はハプニング? 政井氏はSBI研究所に

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

当初、職務怠慢ではないかと報じられた政井貴子日銀前審議委員の6月18日の金融政策決定会合での「棄権」は、十分に「理由」があることだった。SBIグループが政井氏を迎えるために4月に新設したSBI金融経済研究所の取締役に、6月30日付で就任していたからだ。ただ、中立性を重視して賛否を言わないのならば、政井氏は「棄権」ではなく「退席」を選ぶべきだった。議案の採決時に注意を促さなかった日銀の不手際だった可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン