/

この記事は会員限定です

加給年金、受給の心得 子も対象・繰り下げに工夫

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「年金版の家族手当」。そんなふうに呼ばれるのが加給年金という仕組みだ。会社員などが対象の厚生年金に20年以上加入した人が原則65歳になって年金をもらい始めたとき、65歳未満で一定条件を満たす配偶者などがいれば加算される。しかし「仕組みは複雑で誤解も多い」(社会保険労務士の内田健治氏)。公的年金本体との関係など全体像も知り、仕組みの賢い活用を考えたい。

年下の配偶者などがいれば上乗せ

対象が配偶者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン