/

この記事は会員限定です

機能しない「セーフティーネット住宅」

点照

[有料会員限定]

高齢者や障害者、低所得者などの住宅をどう確保するのか。東京が現在、抱えている大きな問題のひとつだ。こうした人々の入居を拒まない「セーフティーネット住宅」制度はあるが、十分に機能しているとは言い難い。

「面倒なことが起きかねない人に貸すなら空き家でもいい」。賃貸住宅の大家などからしばしば耳にする言葉だ。孤独死や家賃の不払いなどを懸念しているためだろう。

こうした住宅弱者は公営住宅などに優先的に入居し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン