/

この記事は会員限定です

EVシフト、官民一体の総力戦で 鈴木誠一郎氏

鈴木コンサルタンツ代表

[有料会員限定]

電気自動車(EV)へのシフトが世界で加速している。日本ではホンダのEVシフトの方針が鮮明だ。2040年には、全ての新車販売をEVか燃料電池車(FCV)にすると宣言した。

一方、トヨタ自動車は独自戦略を描いている。今後どのような状況になっても的確な対処ができるように、間口を広く取った「全方位戦略」ともいうべき構えで、この大変化を乗り越えようとしている。水素エンジン車、EV、FCV、ハイブリッド車な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン