/

この記事は会員限定です

教育への投資を考える(3) 賃金上昇だけではない好影響

神戸大学准教授 佐野晋平

[有料会員限定]

教育のリターンは大卒と高卒の賃金差に表れますが、それは国や時代で異なります。賃金差は高学歴者への需要と供給で決まるからです。大学の数が増えると大卒者の供給が増えます。大卒への需要が一定であれば、大卒の価値は下がります。しかし、技術が発展し、より高度な人材が必要になれば、高学歴者への需要は増大します。

大卒者の供給が増えても、それ以上に需要が増大すれば、大卒の価値は必ずしも下がりません。川口大司東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン