/

この記事は会員限定です

AI指針、シンガポールも参考に 小松岳志氏

森・浜田松本法律事務所シンガポールオフィス弁護士

[有料会員限定]

経済産業省が7月、人工知能(AI)のガバナンスのためのガイドラインを公表した。近年、企業の就職内定辞退率の予測や、賃貸物件の入居希望者が家賃を延滞する可能性の予測にAIを用いるサービスが提案されるなど、企業によるAI活用の幅が急速に広がっている。AIによるイノベーションは促進されるべきだが、使い方によっては批判を浴びることもあり、そのバランスが課題となる。

「AIのガバナンス」とは、AI活用による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン