/

この記事は会員限定です

ワインドアップ投球にみる「無用の用」の様式美

編集委員 篠山正幸

[有料会員限定]

楽天・則本昂大の復活を実感させるのは5勝2敗、防御率3.02という数字だけではない。さあ、いくぞ、という高揚感に満ちたワインドアップ・モーション。その爽快さを取り戻してこその則本昂だ。野球が進化し、シンプルな投法が主流となるなか、絶滅危惧種になりかかっているワインドアップ。だが、その一見無駄かもしれないところに美が宿る。

6月2日、則本昂はヤクルトを相手に6回で10奪三振。自身40度目となる2桁奪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン