/

この記事は会員限定です

根づく極右、5年後に勝利も フランス大統領選後の欧州

フィリップ・マルリエール ロンドン大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○極右回避へ消去法的にマクロン氏が勝利
○政界再編果たしたが政策面では疑問符も
○若年・貧困層対策が極右躍進阻止に重要

2017年の仏大統領選の再現となった今回の選挙で、現職のマクロン氏は極右「国民連合」を率いるルペン氏に勝利した。マクロン氏は07年以降の大統領で初めて再選された。このように紹介すると輝かしい勝利のように聞こえる。

だがマクロン氏がフランスの政界で非主流の対立候補を2度破ったと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン