/

この記事は会員限定です

授業DX、企業・政府が支援 イトーキは対面・遠隔実験

文科省、教員の構想橋渡し

[有料会員限定]

企業や政府が大学の授業を対象に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推し進める動きが出てきた。新型コロナウイルスの影響が少なくなれば、オンラインと対面を組み合わせる「ブレンド型」の授業が本格的に求められる可能性が高い。大学側には最新のデジタル技術をどう取り入れ、新しい講義形式をつくるのかが課題になる。

都内にあるイトーキの開発オフィス。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を表示する装着型端末、ヘッドマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン