/

この記事は会員限定です

「アップル3兆ドル」はバブルか

十字路

[有料会員限定]

恐るべし米アップルだ。時価総額が世界の企業で初めて3兆ドル(約340兆円)を一時突破した。東京証券取引所の時価総額の半分に近く、たった1社でドイツ取引所の時価総額を超えてしまった。

日本のバブル期を象徴するあのエピソードを連想した人も多いだろう。東京23区の土地代で、全米の土地が買えたという話だ。だが巨額の現金を生み出すアップルの業績からは、株価は必ずしもバブルといえないのではないか。

2021...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン