/

この記事は会員限定です

当局の円安誘導効果、限定的 日本経済と為替相場

吉田裕司・滋賀大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○円とスイスフランに安全通貨の性質顕著
○安全通貨は過去の経験が作用し認識定着
○所得収支への影響を考えれば円安が有利

国際金融理論では、マネーサプライ(通貨供給量)、国内総生産(GDP)、短期金利、期待インフレ率、貿易収支などのマクロ変数が、為替レートを動かすファンダメンタルズ(基礎的要因)と考えられている。

ファンダメンタルズとの関連で、投資戦略は2つに大別できる。「ファンダメンタリスト」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2642文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン