/

この記事は会員限定です

国連安保理改革、準常任理事国の創設目指せ 神余隆博氏

関西学院大学教授(元国連大使)

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵略と拒否権の乱用で国連安保理改革の機運が高まっている。今年の国連総会一般討論演説では66カ国が安保理改革に言及した。バイデン米大統領は常任・非常任理事国双方の拡大を支持した。しかし、日本としては常任理事国を拡大することが正しい改革なのか、また実現可能なのか再考する必要がある。多くの加盟国の本音は、安保理改革は必要だが特権を持つ常任理事国を増やすべきではなく、拒否権はなくすか制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません