/

この記事は会員限定です

「毒親」の負の連鎖を止めるには 柴原早苗氏

獨協大学非常勤講師(通訳)

[有料会員限定]

「毒親」とは過干渉や暴力で子どもを支配し、子どもに悪影響を及ぼす親を指す。親の愛情不足で心に深い傷を負った子どももいずれは親となり、連鎖していく懸念がある。本稿では毒親の負の連鎖を防止するための提言をしたい。

まず、毒親問題が生まれる背景として日本の儒教的価値観が挙げられる。「生み育ててもらった恩」といわれて「恩」が重視され、親孝行は美徳とされる。親孝行をする子どもは世間から評価される一方、親に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません