/

この記事は会員限定です

無料化の旗降ろせぬ高速料金 道路行政の矛盾手つかず

編集委員 谷隆徳

[有料会員限定]

2065年までを期限とする高速道路の有料期間が再び延びる方向になった。国土交通省の審議会が再延長を求める中間答申をまとめた。事実上の「永久有料」に一歩踏み出したともいえるが、答申の内容は玉虫色だ。国交省には「将来の無料化」という旗を降ろせない事情がある。高速道路料金はどうなるのか。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

高速道路は人々の移動や物流を支える国土の大動脈だ。普通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1512文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン