/

この記事は会員限定です

実験と学習をサービス労働にも 矢野和男氏

日立製作所フェロー

[有料会員限定]

格差は社会を不安定にし、人を不幸にする。資本主義経済では意識的に対策をしない限り、格差はますます大きくなる一方である。

格差の拡大を避けるにはどうすればよいのだろうか。格差の大きな原因になっているのが知識労働者とサービス労働者の間の生産性の乖離(かいり)である。サービス産業には物流、介護や看護、小売りなど幅広い業種が含まれる。

データや人工知能(AI)で武装した一部の知識労働者がますます富を集める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン