/

この記事は会員限定です

コンビニ並み集客の銭湯 「濃すぎぬ交流」いい湯加減

[有料会員限定]

最近の企業社会ではZ世代を中心とした若者に対して「付き合いが悪い」「リアルでのコミュニケーションが苦手」などという評価がほぼ定着している。当てはまるケースは確かに多いが、興味の薄い上司とは飲みたくないだけで、むしろ私的にはリアルな付き合いを求めている印象もある。

それを実感したのが東京・高円寺にある銭湯「小杉湯」での人の動きだ。都内の銭湯の1日当たり来客者数は1968年のピークには530人だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大型ヒット商品が生まれにくい時代に勝つマーケティングとは何か。その発想や条件を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン