/

この記事は会員限定です

米リベラル知識人の幻想と傲慢さ 呉軍華氏

日本総合研究所上席理事

[有料会員限定]

中国共産党の百寿を祝う式典で、習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)はいかなる外部勢力も、中国をいじめ、奴隷化しようとすれば「14億人余りの中国人民の血と肉で築かれた鋼鉄の長城の前に打ちのめされるだろう」と宣言した。名指しこそしなかったが、米国を念頭に置いたものであろう。

過激な表現に聞こえるが、国内での愛国教育では決して珍しくない。しかし、世界が見守る式典での発言であることを考えれば、やはり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン