/

この記事は会員限定です

独創的な若手研究者を育てる 東北大が独自システム

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

日本の科学研究力復活には若手研究者の育成が不可欠だ。東北大学は独自の育成システムで、世界から有望な若手研究者を集めて独立した研究環境を与え、学問領域や国境を越えた研究を後押ししている。

東北大学学際科学フロンティア研究所(FRIS)は毎年5〜10人の若手研究者を5年の任期付き助教として国際公募している。学問領域は問わない。文系も含む。採用されれば独立した研究者として自由に使える研究環境と年間最大2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン