/

この記事は会員限定です

次期日銀総裁候補が明かす 中銀マフィア奥の院の真実

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

来春の次期日銀総裁人事への注目度が徐々に上がってきた。夏の参院選後、調整が進みそうだが、候補のひとりと目されている中曽宏前日銀副総裁の著書『最後の防衛線――危機と日本銀行』が今月中旬、出版される。

全20章からなり、700ページを超える大著だ。セントラルバンカーとしての長年の経験を回顧し、そこから得た教訓をつづった内容は、市場関係者や投資家にとっても読みどころ満載だ。

1990年代後半、日銀の旧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン