/

この記事は会員限定です

真鍋氏「サプライズ」受賞 ノーベル賞、広がる選考対象

編集委員 青木慎一

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米プリンストン大学の真鍋淑郎上席研究員がノーベル物理学賞を受賞することは「サプライズ」だった。真鍋氏はスーパーコンピューターを使った地球温暖化研究のパイオニアで十二分な業績を上げてきたが、気候のような学問は選考の対象にはならないと考えられてきたからだ。「人類に最も大きく貢献した科学者に贈る」というアルフレッド・ノーベルの遺言を反映した授賞といえ、選考委員会の変化を感じさせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン