/

この記事は会員限定です

漂着プラ粒子で海洋汚染調査、有害物質が付着 運び屋に

[有料会員限定]

プラスチックによる海の汚染が問題になり、付着した有害化学物質が生物や人の健康に及ぼす影響も懸念されている。東京農工大学の高田秀重教授らは世界の海岸に漂着したプラスチックの粒をボランティアの協力で集め、有害物質を分析している。大都市から遠く離れた場所でも汚染がみつかり、深刻さが浮かびあがってきた。

「インターナショナル・ペレットウォッチ」と名付け、2005年に始まった。きっかけは高田教授が「プラスチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン