/

この記事は会員限定です

モデルもジェンダーレス 多様性・LGBTQ理解進む 

編集委員 小林明

[有料会員限定]

ダイバーシティー(多様性)の確保やLGBTQ(性的少数者)への理解が進むのに伴い、ファッションや美容の世界でも性差を超えて活躍する人材が増えてきた。男性・女性向けに区分けした商品やサービスの垣根が低くなる一方、企業側もジェンダーレスを意識したモデルやイメージキャラクターを起用する例が目立つ。男らしさや女らしさを巡る既成概念は大きく揺らいでいる。

経験や意見を発信して社会認識を変えたい

美容室大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン