/

この記事は会員限定です

人材不足解消へICT活用 コロナ下の介護危機

斎藤香里・千葉商科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナで現場の負担増も職員の年収減少
○フィンランドは遠隔介護でコストを節約
○日本の介護現場には業務効率化の余地大

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的流行)が介護分野の難題を顕在化させ、介護現場に厳しい対応を強いている。介護関連施設での新型コロナのクラスターは全国で発生している。

コロナ禍前から介護分野を取り巻く環境は厳しい。まもなく団塊世代が後期高齢者となり、医療や介護などの社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン