/

この記事は会員限定です

ノーベル経済学賞、10日発表 マクロや金融に注目

[有料会員限定]

スウェーデン王立科学アカデミーは10日午後6時45分ごろ(日本時間)、ノーベル経済学賞を発表する。今年は景気動向や金融危機を研究する「マクロ経済学」の分野が注目されている。日本人の受賞はまだなく、金融と景気の関係を解き明かした米プリンストン大学の清滝信宏教授に期待が集まる。

経済学はマクロのほか、個人や企業の行動を理論的に分析する「ミクロ経済学」、統計データを駆使する「実証(計量経済学)」などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2022年のノーベル賞発表は10月3日の生理学・医学賞からスタート。4日に物理学賞、5日に化学賞、6日に文学賞、7日に平和賞、10日に経済学賞と続きました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません