/

この記事は会員限定です

イタリアにみる欧州政治 相次ぐ危機、EUの結束強化

ジュリアーノ・ダ・エンポリ パリ政治学院教授

[有料会員限定]
ポイント
○イタリアは欧州社会の政治思想の実験場
○市民はEU加盟国の共同行動の利点実感
○EU容認しつつ保守的政策追求の動きも

今からちょうど100年前の1922年、イタリア・ベネチアに到着したオーストリアの作家シュテファン・ツヴァイクは、街頭を行進する大勢の若者の姿を見て驚いたという。最初はドイツなどと同様の共産主義者のデモだと思った。しかしそうではなく、彼らは新たな信条を持つ活動家だとわかった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません