/

この記事は会員限定です

ごみ収集をITで効率化 街の「見守り」に役割拡大

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

街中をくまなく巡回する家庭ごみの収集車が、IT(情報技術)の活用で多様な役割を担い始めています。住民の見守りやインフラ破損の早期把握などです。作業の効率化を目的に始まった取り組みですが、住民サービス向上でも成果が出始めています。

ごみ集積所に収集車が速度を緩めて近づき、ごみが回収されると、地図上の集積所マークの色が変わり、作業完了をお知らせ――。神奈川県座間市でのごみ収集風景です。

同市は小田急電鉄

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン