/

この記事は会員限定です

地球の未来に警鐘、気候モデルの先駆 真鍋氏ノーベル賞

(更新) [有料会員限定]

ノーベル物理学賞を受賞する真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員が手がけた「気候モデル」は地球上の物理現象をコンピューターでシミュレーションする技術だ。現実世界をデジタルで再現する地球規模の「デジタルツイン」につながる取り組みともいえる。地球温暖化の将来予測や対策の効果予測など、人類の将来計画を語るのに欠かせない道具となっている。

気候モデルは、地上から上空までの大気の振る舞いを垂直方向で再現する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン