/

この記事は会員限定です

そごう・西武の和田氏逝く 宴の始末と未完のダブル再建

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

ミレニアムリテイリング(現そごう・西武)会長を務めた和田繁明(わだ・しげあき)氏が7月25日、病気のため死去した。セゾングループの堤清二氏、そごうの水島広雄会長などバブルに踊ったカリスマ経営の宴(うたげ)の後始末を請け負い、百貨店再編を主導した剛腕経営者だった。しかし次の成長シナリオまでは描けず、道半ばで第一線から退いた和田氏は、停滞を続ける日本経済の姿と重なり合う。

堤清二氏の案件も「例外はない」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン