/

変わる働き方、あなたは 「Nikkei Views」まとめ読み

新型コロナウイルスの感染拡大で大きく変わったことの一つに「働き方」があります。在宅勤務にとどまらず、自由な働き方に挑戦する人が増えています。多様な働き方と言うはやすしですが、様々なハードルを越える必要があります。編集委員が日々のニュースを独自の切り口で分析する「Nikkei Views」から、働き方について考察したものを選びました。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

在宅ワークに新指針、浸透には課題

厚生労働省がテレワークに関する新しい企業向けガイドライン(指針)をつくりました。始業、終業時刻を個人別に決めてもよいことを明確にするなど、労働時間の厳格な管理を求めてきた姿勢を軌道修正した点が特色です。ただ、在宅での働きやすさを考えた労働時間制度そのものの改革は進んでおらず、テレワークの浸透には課題が残ります。

フリーランス 問われる雇用・医療の安全網

個人で仕事を請け負うフリーランスの人の保護に向けて政府がガイドライン(指針)をまとめました。発注企業による「優越的地位の乱用」の恐れがあるケースを整理し、公正な取引を促しています。ただ、仕事を失った際の支援など、セーフティーネット(安全網)づくりの議論は進んでおらず、フリーランスで働きやすい環境づくりの課題は多いのが現状です。

障害者と働く、そのヒントは

障害者に安定した働く場を提供しようとするチョコレート工房「ショコラボ」がこのほど、横浜市のみなとみらい地区にお店を出しました。ショコラボは高品質の商品を作って百貨店などで販売、福祉を前面に押し出さないやり方を貫いています。その取り組みは多彩な人材を招くことにつながっているようです。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン