/

この記事は会員限定です

年内補正予算、視線の先は参院選

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

衆院選で有権者の信任を得た岸田文雄首相。本格政権へのもう一つの関門として、2022年夏に迫る参院選でも与党過半数の維持が至上命令だ。同年前半の景気下支えに万全を期し、追い風に乗るための勝負どころは実は目の前。11月中旬に打ち出す「大型の経済対策」と、それを具体化する21年度補正予算の年内成立で結果を出せるかどうかが最大の岐路となる。

首相は1日の記者会見で、対策の骨子を明かした。非正規雇用や子育て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1613文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン