/

この記事は会員限定です

京王線の無差別襲撃 「疑似テロ」「拡大自殺」どう防ぐ

編集委員 坂口祐一

[有料会員限定]

社会を震撼(しんかん)させるテロ事件が「テロ」と定義されるのは、その背景に政治や宗教上の主義・主張があるからだ。この分類でいえば、東京都調布市を走行中の京王線車内で発生した無差別襲撃事件は、テロではない。

だが事件の経緯や形態は、まさにテロを思わせる。身勝手な考え・思考にとらわれ、「過激化」し、無関係の人たちを攻撃する。逃げも隠れもせず「死刑になりたかった」というのであれば、自爆テロとも相通じる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン