/

この記事は会員限定です

日米韓再接近の裏で「博鰲」「新路線」の波紋

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

既視感がある。少し前の話になるが、4月20日、中国最南端のリゾート地で開いた博鰲(ボーアオ)アジアフォーラムの開幕式でビデオ演説した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の姿にそう思った。この2日後にバイデン米大統領が呼びかけた気候変動に関する首脳会議(サミット)への出席を控えていたが、それよりも先に文氏は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席からの招待に応じたためだ。

3カ月前にも似た光景があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン