/

この記事は会員限定です

「データによる政策」阻む法の壁 渡辺安虎氏

東京大学教授

[有料会員限定]

政府のデジタル化を進め、政策効果をデータで確かめながら改善していく。日本の現状からは夢物語に聞こえるかもしれないが、未来の政府がこの道を避けて通ることができるようには思えない。であれば、どのように改善していくのが良いだろうか。

最も重要なのは政府が持つデータの利用だが、大きく二つの問題がある。一つは行政手続きなどに関連して政府が入手しているにも関わらず、利用できる状態に整理されていないデータが大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません