/

この記事は会員限定です

「安倍派分裂」1991年の教訓 カギは総裁候補と新世代

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

元首相の安倍晋三の国葬が終わり、喪に服してきた自民党の最大派閥・安倍派が後継体制を巡って動き出した。政治史を遡ると、1991年に晋三の父で元幹事長の安倍晋太郎が死去した際、当時の安倍派は激しい跡目争いと分裂に直面した。そのカギは次の領袖が総裁候補たりうるかどうかと、「次の次」をうかがう新世代の支持だった。

四天王から「三塚・森連合」

31年前は党内第2派閥だった安倍派。領袖(会長)を失うと、「四...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2762文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません