/

この記事は会員限定です

脱炭素マネー、世界を駆ける エクソン総会が日本の近未来

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

米エネルギー大手エクソンモービルに注目している。世界経済がコロナ禍に沈んだ2020年は散々な年だった。株価は約40%下落し、米ダウ工業株30種平均から除外されてしまった。ESG(環境・社会・ガバナンス)投資が勢いを増す市場にあって、二酸化炭素(CO2)排出企業の印象がこびりついた石油株の劣勢は明らかだった。

21年のエクソン株の動きは対照的だ。これまでのところ約50%上昇し、米S&P500種株価指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン