/

この記事は会員限定です

温暖化ガス46%削減 高い目標への警戒に3つの理由

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

政府は4月22日、地球温暖化対策推進本部で2030年までの温暖化ガス削減目標を46%(13年度比)に引き上げ「さらに50%の高みに向けて挑戦を続ける」ことを決定し、菅義偉首相は同日に開催された米国主催の気候変動に関する首脳会議(サミット)に臨んだ。米国に歩調を合わせてトップダウンで目標を引き上げたことに批判的な見方もあるが、脱炭素に向かう潮流や米中の対立の中で、今だからこそできる重い選択だったとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン