/

この記事は会員限定です

自治体の新税構想相次ぐ 岡山・美作、新たな課題に対応

日経グローカル

[有料会員限定]

全国各地の自治体が新税構想を打ち出している。現在、岡山県美作市など3市が法定外税の導入を計画し、総務省と協議している。新たな政策課題に対応し、独自財源を捻出する狙いがある。地方分権一括法が施行された2000年以来の独自課税の広がりといえる。(日経グローカル437号に詳報)

岡山県北東部に位置する美作市。同市は21年12月に条例を制定し、太陽光発電設備に課税する「事業用発電パネル税」を打ち出した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン