/

この記事は会員限定です

「一芸」で牛乳と焼酎作ってみた 過当競争に潜む商機

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの感染拡大で飲用シーンが減少したアルコール類。縮んだ需要を喚起できないか。焼酎メーカー、さつま無双(鹿児島市)が絞り出したアイデアがキャンプ向けの焼酎だ。

「キャンプなどアウトドアで飲むときは自然に包まれながら、じっくり飲んでほしい」。このためさっぱりした味わいではなく、深みのある味を追求。サツマイモを主原料に、たるで長期熟成した芋焼酎をブレンドした「芋」。そして黒こうじ仕込み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

大型ヒット商品が生まれにくい時代に勝つマーケティングとは何か。その発想や条件を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません