/

この記事は会員限定です

格差拡大、働き方や熱意でも ポストコロナの雇用

山本勲・慶応義塾大学教授 石井加代子・慶応義塾大学特任准教授

[有料会員限定]
ポイント
○高所得の労働者ほど非常時に強い働き方
○コロナ下で高所得層の仕事への熱意上昇
○高度な抽象業務を遂行できる人材増やせ

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が長期化するなか、ポストコロナの労働市場や働き方はどうなるのか。

コロナ禍の下では、デジタル化や情報通信技術(ICT)の利活用の進む環境で働く労働者を中心に、在宅勤務やテレワークなどの柔軟な働き方が普及した。急速な技術革新を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン