/

この記事は会員限定です

スリランカ混乱の背景 コロナ禍に失政が追い打ち

山崎幸治・神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○内戦終結から19年までは順調に経済成長
○急激な有機農業への移行政策で大混乱に
○女性労働者や少数民族への支援が不可欠

スリランカの経済危機が世界的に注目されている。エネルギー・食料不足や物価高騰が深刻化しているほか、対外債務の膨張により5月にはデフォルト(債務不履行)状態に陥った。20年弱にわたりラジャパクサ一族が政権を維持してきたが、政権運営に行き詰まったゴタバヤ・ラジャパクサ大統領(当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン